FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉良吉影+吸血鬼

以下は、『四部のボスである「殺人鬼」+一部のボスである「吸血鬼」』というテーマで考えてみたキャラクターです。
どこかで使いたいと思いますが、彼を登場させるのは、また違う話になる可能性が高いです。
「吸血鬼」という部分は、あくまでイメージだけになっていますが、当初の予定では「自分を吸血鬼だと思い込んでいる殺人鬼」という設定にするつもりでした。



・神崎崇志
その残忍な手口から、警察やマスコミおよび世間から「吸血鬼」と呼ばれている連続殺人鬼。
自身に発現したスタンド能力を用いて、八年間の間に三十人の女性を殺害していながら、未だに容疑者として挙げられたことがない。
その誕生の経緯は、彼自身も全く予測していないものだった。
ある日、自分が運転する車に両親を乗せている時に、道路に飛び出してきた子犬を避けようとしてハンドルを切り損ねる。
おりしも、前日から降り続く雨で路面は滑りやすくなっており、それが原因で交通事故を起こす。
その事故で両親は死亡し、崇志も重症を負うが一人だけ生き延びた。
彼は心に深い傷を負うが、婚約者が献身的な支えとなってくれたおかけで、なんとか立ち直りかける。
だが、その婚約者が末期のガンに冒されていることが発覚。
すぐに検査をしていれば早期発見できただろうが、崇志の看護をしていたせいで検査が遅れてしまったのだ。
身体の傷が癒えた崇志は、治療法を求めて必死に奔走した。
あちこちに出向いて頭を下げ、用意できるだけの金を積んだが、婚約者は死亡。
自分を支えてくれる人間はもういない。
しかも、それは自分のせいでもあるのだ。
事故の時に運転していたのは自分だ。
自分がハンドル操作を誤っていなければ家族は助かったかもしれない。
また、婚約者のことにしてもそうだ。
事故がなければ、予定通りに定期検査が行われて、手遅れになる前に病気を発見できたはずだ。
あの事故さえなければ、こんなことにはならなかった。
元は飛び出してきた子犬が悪いのだが、それを責める気にはなれなかった。
大切な人たちを一度に失った衝撃と絶望。
それが自分のせいであるという自責の念。
これらは、彼の心を苦しめるには十分だった。
また、彼は優しすぎた。
ただ自分を責め続けるが、そんな彼を支えてくれる人間は、もう一人もいない。
だから、彼は自分の心の中に新たな支えを創るしかなかった。
それは他人にはとうてい理解できないもの――妄想の産物である架空の“神”だった。
既に正常な道に戻ることはできず、超自然的な方面へ強い興味を抱いた彼は、その過程で数々の歪んだ知識を身に付け、それが基盤となって、“神”は誕生した。
こうして神崎崇志は、架空の“神”に対する絶対的な殉教者となることで、心の苦しみから救われると考えるようになったのである。
その“神”は、今の境遇への憤りや悲しみ、または幸福な人々に向けられる妬みや恨み、あるいはぶつける場所のないありとあらゆる負の感情の集合したもの――つまり、この不幸の間に彼の胸の内に蓄積されてきた“心の闇”そのものでもあった。
さらに、彼が“神”を深く信じるようになる出来事が発生する。
苦境から逃れたいという強い思いによって、度重なる不幸に見舞われた彼にスタンド能力が発現したのである。
彼は、自分の傍らに現れたスタンドを、“神”の意思を伝えるために遣わされた使者だと信じた。
そして、崇志には、まるで自分のスタンドが自分に話しかけてきているように思えたのだ。
神崎崇志のスタンド――『スーサイド・ヴァンパイア』は、彼自身の心に囁きかけた。
「――穢れなき生け贄の血を“神”に捧げよ」
敬虔な殉教者となった神埼崇志は、こうして最初の殺人を犯す。
彼にとって、それは神聖な“儀式”であった。

名前:神崎崇志
年齢:33歳
性格:表面的な物腰は穏やかだが神経質。
    それゆえに洞察力に優れ、ちょっと位置が変わったなどの些細な変化であってもすぐに気付く。
    また、心の中の架空の“神”には盲目的に従い、人を殺すことに躊躇いがない。
職業:退社後に街の片隅に構えた骨董品店「木乃伊(ミイラ)堂」の店主
スタンド:『スーサイド・ヴァンパイア』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

研究員D

Author:研究員D
「ギリギリ映らない画面端にいるエキストラ研究員」のイメージというのが名前の由来。
基本的に特撮ヲタ。
また、マイナーなものに惹かれる体質。
特撮全般および一部のアニメや漫画(マイナー作品とか古いの)を愛する。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在時刻
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。