スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回のスタンドデータ

スタンド名:ゴールド・コブラ
本体:志賀(偽名)
自らの信念の為に、スタンド使いを無尽蔵に生み出す矢の男と、その源である矢を破壊する目的でF市を訪れた男。
偶然に知り合い、強引にパートナーとなった菜摘には、スタンドによる犯罪を捜査中の刑事だと名乗っているが、
実際の職業は裏社会で重宝されている殺し屋である。
少年時代に両親を亡くし、引き取り先の親類夫妻から虐待を受けていたが、強い憎しみでスタンドを発現させた。
能力で夫妻を殺害した後は、スタンドだけを頼りに生き抜き、日の当たらない生活に身を落とす。
そういった境遇により、矢に射抜かれるだけでスタンドを身につけるスタンド使いを嫌悪している。
年齢は31歳。

タイプ:近距離パワー型
ヴィジョン:くすんだ金色の体色に、同色の斑模様が散りばめられた人型。

破壊力:C スピードA 射程距離:C 持続力:B 精密動作性:A 成長性:E(ほぼ完成)
能力:触れたものに“スタンド毒”を注入する毒殺スタンド。
じわじわと相手を苦しめ、能力を解除してしまえば証拠も残らないため、暗殺や拷問には非常に適している。
また、“解毒”が出来るのは、ゴールド・コブラだけである。

スタンド名:グロテスク・モダン・アート
本体:七森菜摘
街頭でスケッチや似顔絵描きをしている芸術家志望の女。
実力は持っているが、それ以上に自信が強く、流行の絵を描かないために上手くいかない。
いつも明るく振舞っており、一見すると人当たりは良い。
ちなみに、一枚100円で似顔絵を描いてくれる。
捜査に協力するという名目で、その報酬として金を受け取る契約を半ば強引に交わし、志賀とコンビを組む。
かつての後援者だった恋人(菜摘の実家は家族間が非常に不仲で冷えきっており、そのせいか彼女は精神的に強く依存していた)に見捨てられたことがトラウマになっており、それがきっかけで、一年前に志賀と同じく自力でスタンド使いに目覚めている。
年齢22歳。

タイプ:物質同化型
ヴィジョン:極彩色の抽象画が描かれた、窓のようなデザインの額縁。

破壊力:なし スピードなし 射程距離:なし 持続力:D 精密動作性:D 成長性:C
能力:額縁に収まっている抽象画が水面のように変化し、そこから“怪物”を呼び出せる。
    この額縁は文字通り“窓”であり、どこかにある“怪物の世界”と繋がっているが、
    その世界が、どこにあるのかは本体にも分からない。
    額縁自体は物質と同化して常に発現しているため非スタンド使いにも見えるが、
    極めて頑丈なので、破壊は不可能(シアー・ハート・アタックと同等)。
    ・呼び出せる“怪物”の種類は、「空を飛ぶもの」や「凶暴なもの」といったように、ある程度は選択が可能。
    ・本体だけが調教師のように“怪物”を操れるが、簡単な命令しか実行できない。
    ・“怪物”は実体なのでスタンドには攻撃できない。
    ・一度に呼び出せる“怪物”は一体のみ。
    ・新しい“怪物”を呼ぶ為には、既に出ている“怪物”を引っ込めなければならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

研究員D

Author:研究員D
「ギリギリ映らない画面端にいるエキストラ研究員」のイメージというのが名前の由来。
基本的に特撮ヲタ。
また、マイナーなものに惹かれる体質。
特撮全般および一部のアニメや漫画(マイナー作品とか古いの)を愛する。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在時刻
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。