スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花子と鬼太郎の違いと脱線した語り

『花子さんがきた!!』について語ります。
人助けをする人間以外の存在(お化け、妖怪)というと、一番有名なのは鬼太郎ではないでしょうか(墓場鬼太郎とかだとキャラが違いますが)。
今回は、鬼太郎と『花子さんがきた!!』における花子さんとの違いについて考えたいと思います。
例えば鬼太郎なんかだと、基本的に人間とは関係ないじゃないですか。
彼らは彼らで独立して存在してるわけですから。
でも、花子はウワサの存在であって、人間がいるからこそ存在してるって感じがします。
ウワサの存在って何だよと言われると困りますが、例えるなら鬼太郎は森の中、花子は町の中にいる。
個人的にはそんな感じがします。
ある意味では、ウワサの花子は人に作られた存在なんじゃないかな、と考えたりしています。
原作とかアニメでは家族いますけどね。
お化けもウワサも、現れたり消えたり形が変わったりするものだと思います。
そう考えると、作中というか設定に「ウワサ」という要素を大いに取り入れて、この二つをリンクさせた所はすごいんじゃないでしょうか。
あとホワホワの色なんですが、旧アニメだと灰色だったんですが、新アニメだと真っ白になってました。
原作は白黒なので元々何色だったのか判断できませんが、これも新アニメで花子が肌色になったのに合わせて変更されたんですかね。
私個人としてはホワホワの色はともかく、花子は死人みたいな色白が良かったです。
新アニメだと妙に血色が良すぎてwww
やみ子もそうですね。
旧アニメだと紫っぽい肌でしたが、新アニメで見事に肌色にwwwww
色々と配慮した結果ですかねえ。
個人的には、やはり血色の悪い色のままが(ry
それと、やみ子は新アニメになってツンデレアピール激しすぎwwwwww
旧アニメのクールなやみ子はどこいったwwwwwwwww
でも原作見ると、やっぱりツンデレだし、旧アニメの方が異色だったんでしょうかね。
旧アニメ版やみ子のかっこよさは異常。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

研究員D

Author:研究員D
「ギリギリ映らない画面端にいるエキストラ研究員」のイメージというのが名前の由来。
基本的に特撮ヲタ。
また、マイナーなものに惹かれる体質。
特撮全般および一部のアニメや漫画(マイナー作品とか古いの)を愛する。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
現在時刻
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。